ブルークレール 最低限

ブルークレールで最低限何を揃えたらよいか?

ブルークレールの化粧品に出会ってしまった人にとっては、他の化粧品とは全く違う化粧品ということで、ハマる人も多いと思います。

ブルークレールの化粧品は完全無添加です。

保存料には天然ローズマリー葉エキスや他の植物の自然の防腐力を使用。

キャリーオーバー(全成分表示に表記する義務のない成分)についても、化学成分は一切含んでいません。

そんな化粧品があるなら、ぜひ使ってみたいと思うのが女性ですよね。

ブルークレール

 

ただ、そんなこだわりがある化粧品なので、ブルークレールの化粧品は全体的にお値段が高め。

口コミでは、最低限のものだけブルークレールの化粧品を使って、他は安めの化粧品にしたいと思っている方が多いです。

 

ブルークレールの化粧品は

  • 化粧水 155mL  5,000円
  • 保湿クリーム 30g 13,000円
  • 美容液 50mL  8,000円

基本的な3品だけでも、合計26,000円です。

その他、化粧石けん 80g  2,800円、 クレンジングオイル 20mL 3,200円、 UV下地クリーム 35g 4,750円。

このくらいのアイテムは、日々のスキンケアとしてはごく普通のアイテム数ですが、全部合わせると、約37,000円にもなります。
一度に揃える金額としてはけっこう高額ですよね。

 

私なりに、いろいろ調べて、なるべくお財布の負担にならずに、ブルークレールの最大限の効果を引き出す使い方を考えてみました。

ブルークレールの化粧品を「コレだけ」買うとしたらどれを買うか?

まず、誰もが欲しいと思うのは、美容液(リペアモイストWエッセンスⅡ)だと思うのですが、基本中の基本、化粧水に目を向けてみます

化粧水は、植物性プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、APPSなどなど、普通に考えると美容液のような成分がぎっしり

これを美容液と兼ねると考え、とりあえず化粧水は必須アイテムかなと思います。

化粧水を普通に使っても良いですし、他の少し安めの化粧水とダブル使いしても良いかなーと思います。

もうひとつ、ぜひ取り入れたいのが、ローズクレンジング&マッサージオイル

クレンジングはどうしても添加物の多いものになるので、ローズクレンジング&マッサージオイルを使って優しくメイクオフしたいです。

自分が使ってみて、肌の調子がすごく違ったので、ローズクレンジング&マッサージオイルが一番気に入ってしまったんです。

私のイチオシ商品です。

さらにさらに!これだけではなく、化粧水の後、お肌にふたをするのにもこのオイルを使うことができます

なので、もしテイートリーモイストソープを取り入れられれば、トータルでブルークレールを使えることになります。

 

少し安めの化粧水とダブル使い・・・と言いましたが、では、ブルークレールを使う場合は化粧品はどこのを使えばよいの?と悩みます。

それについても考えてみたので、こちらも併せてお読みください♪

 ⇒ブルークレール+どの無添加ブランドを使う?についてはこちら

 

★ブルークレールの化粧品はこちら>>

 

口コミ一覧に戻る⇒